仙台の人気スポットでフォトウェディングを撮ろう!おすすめのスタジオをランキング形式で徹底比較!

和装でフォトウェディング・前撮りするときの予備知識

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/08/03

仙台で、和装での前撮りやフォトウェディングを考えている人もいるでしょう。着物を着る機会が少なくなった現在、なぜ多くの人が和装での撮影を選ぶのでしょうか。その理由を紹介します。そして、和装で前撮りやフォトウェディングをする時に、どのようなことに気をつけたらよいのかを、撮影場所や料金などの詳細と共に確認していきます。

仙台の前撮りやフォトウェディングで和装を選ぶ理由

和装は普段あまりしませんが、白無垢や色打掛、引き振袖は日常生活においてとくに着る機会がないものです。そのため一度くらいは着てみたいと考えている女性も多いようです。しかし、仙台で、結婚式当日に和装を選ぶ場合、一般的に洋装と比べてレンタル料金が高くなることがあります。

また、着替えをする時間が長くなってしまうことや式場の雰囲気と合わないといったことも考えられるため、あきらめることもあるようです。そのため、結婚式当日はウェディングドレスを選び、前撮りで和装を選ぶというパターンが多くみられます。また、結婚式自体をあげずにフォトウェディングで済ませるという人もいるようです。

前撮りやフォトウェディングで和装を選んだ場合、実際の結婚式で着るよりも費用を抑えることができます。挙式で洋装をえらべば、両方の衣装を着られるというメリットがあるのです。前撮りやフォトウェディングには、スタジオ撮影とロケーション撮影の2種類があります。

スタジオ撮影とは、式場に併設されたスタジオや専門のスタジオで撮影を行うことです。屋内で撮影するので天候の影響を受けることはありませんし、ゆったりと撮影できるところがポイントです。

屋外で行うロケーション撮影は、思い出の場所やリゾート地などで撮影できます。さまざまな背景で撮影できるので、写真のバリエーションが増え、照明の効果で美しい仕上がりになります。とくに和装に合う雰囲気の庭園や神社などが人気となっています。

仙台の前撮りやフォトウェディングの費用

仙台で和装の前撮りやフォトウェディングを行う場合、費用は10万円前後が相場になっています。衣装をより高価なものにしたり、複数を選んだりした場合はさらに追加料金が必要です。また、アルバムを作成した場合やカット数を増やしたことで費用が高くなることもあるため、契約する前にしっかり確認しておきましょう。

ロケーションフォトの場合、撮影場所によっても費用が変わってきます。一般的にはスタジオ撮影よりロケーション撮影の方が費用は高くなる傾向です。少しでも費用を節約したいという場合、まずは平日に撮影するという方法が挙げられます。土日祝日は撮影を希望する人が多くなるため、2万円程度高くなるスタジオが多数です。

可能であれば平日に撮影した方が費用の節約になるでしょう。撮影プランの中にはアルバムが含まれていないという場合もあります。アルバム作成を依頼するとオプション料金がかかってしまうため、費用を節約したいのであれば、アルバムは自作するとよいでしょう。

カット数やプランによっても異なりますが、3~13万円程度安くなります。前撮りやフォトウェディングで着る衣装はプランによって異なることが多いので、衣装にあまりこだわらなければ節約できるのです。事前に衣装の予算を決め、その予算の範囲内で気に入ったものを選ぶとよいでしょう。中には無料で着られる衣装を用意しているスタジオなどもあります。

仙台の前撮りやフォトウェディングで着る衣装

仙台の前撮りやフォトウェディングで着る和装には、白無垢と色打掛、引き振袖の3種類があります。それぞれの特徴をチェックしておきましょう。白無垢は結婚式で着る衣装として最も有名なものです。白一色で織りあげられた格式の高い正礼装であり、とくに神前式で人気が高くなっています。

結婚式当日はウェディングドレスを着る人が多いかもしれませんが、前撮りやフォトウェディングで白無垢を着てみてもよいでしょう。色打掛は白無垢と同格の正礼装であり、華やかな模様が描かれていることが特徴です。そのため好みの色や柄を選ぶことができます。

引き振袖は一般的な振袖よりも袖が長く、裾にふき綿が入っていることが特徴です。帯が隠れていないので、着物の模様に合わせてアレンジすることもできます。仙台の前撮りやフォトウェディングは、3月~5月頃と10月~11月頃に行うのが人気です。

春は桜など美しい自然の中で撮影できますし、和装でも快適に過ごせる時期です。秋も気温が快適であることはもちろん、和装に似合う紅葉に囲まれて撮影できることが人気の理由となっています。夏は汗をかきやすいですし、化粧が崩れてしまうということで避けられやすいです。

逆に冬は寒いという理由で避けられがちですが、あえてその季節に撮影してみるのも個性が演出できてよいかもしれません。また、撮影する人が少ない時期の方が料金は安くなります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧